FC2ブログ

たにしのあしあと

絵を載せたり、展示のお知らせをしたり、なんやかんや。 by新竹季次

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステートメント

“きれいごとではない生”を主題として、基本的には古典的な日本画材を使用して描いています。

全ての生物(人間を含めて)において、生きるということは他者の挫折や命の上に成り立っています。何者かの苦しみや涙の上に成り立っていて決して美しいことではない、愚かで、無様で、エゴイズムの塊であると思っています。そして、どれだけ貪欲に生きたとしても、いつか必ず死が訪れる無常なものです。
しかし私は、そのような側面を隠さず生を享受し、生きることに迷いなく、全力で、貪欲で、執着むき出しのものたちの姿こそが美しいと感じ、その刹那の力強い輝きに魅せられます。

その私なりの美しいと感じるものたちに、私の心の中にある感傷や感情をひっそりと織り交ぜながら作品に仕上げています。

また、生と死、光と影、喜びと悲しみ、そういった対極にあるものを全てひっくるめて、一般的には否定的に捉えられがちな事柄や感情もあるがままに受け止め作品に落とし込みたいと考えています。

画面は美しく仕上げていても何かしらの強い情念を感じさせる、どこかに闇を内包する作品を描きたいと思っています。
スポンサーサイト

| プロフィール | 15:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

展覧会告知を掲載していただいています

先月末に発売されたトーキングヘッズNo.66『特集:サーカスと見世物のファンタジア』に、7月開催の企画グループ展(京都三条・green & gardenさんにて)の告知の記事を掲載していただいております。



今回誌面に掲載して頂いた作品はすでに売約済みで今後展示される機会はないのですが、また新しい作品を現在、鋭意制作中です。

もし本屋さんでトーキングヘッズを見かけられた際には、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

518cA6SzuLSX350BO1204203200.jpg
↑こんな表紙です。

| お知らせ | 14:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。